さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2012年03月05日

講演の旅 網走編(その1)



 友人・ピエール(日本人です)が他界した翌朝、私は悲しみを抱えながら、流氷特急オホーツクの風に乗った。網走で講演するためである。彼が倒れてから眠れぬ夜を過ごし、充血した目と重い足取りで3号車2階へ。救いは編集担当のY嬢が同行してくれたこと。
 網走への途中、列車は遠軽駅でスイッチバックする。ここはピエールの故郷だ。私は席を立ち、デッキに向かった。涙がでたらいやだから。



 網走駅に着くと、フジヤ書店の田中社長が出迎えに……ホテルまで案内いただき、まずは腹ごしらえ。「オホーツク干貝柱塩ラーメン」をいただく。作為的に作ったご当地グルメというよりは、地域の特色を活かしたラーメンという感じがしていいな。それにしても、貝柱って、歯の間にはさまるよなあ。(笑)



 腹ごしらえをしたあとは、濤沸湖の白鳥公園へ。以前、行ったときは餌をあげてもよかったのだが、鳥インフルエンザのせいで餌ややり禁止になっていた。そのせいか知らないけれど、カモやカモメもたーくさん。白鳥公園ってこんなだっけ?と思いつつも、とても天気がよくて、気持ちいい散策だった。





 久しぶりに網走に足を踏み入れたら、流氷硝子館というおしゃれな工房+ショップが出来ていた。沖縄で修業した職人さんが、主に蛍光灯のガラス管をリサイクルしながら作品を作っている。独特の風合いがあり、値段も手作りにしてはリーズナブル。網走の新しい名所に育って行くに違いない。吹きガラス体験などもやっているので、挑戦してみたい気もしたが、函館でもやって、網走でもやったら、小樽の観光大使としてどうなんだろ?と思うので今回はやめたのだった。(笑)



 網走の商店街にあるフジヤ書店さんに連れていってもらうと、うれしいことに、私の本のコーナーが! さすが!
 いつもレビューを書いてくださっている書店さんだけのことはありますね。


 

人気ブログランキングへ ←クリック宜しくお願いいたします!

 そして、網走の夜! クジラにキンキに、ウニ〜などなど!
 久しぶりにさえずりを食べたので、きっと翌日の講演は、舌好調に違いない!と思うのであった。



 ご馳走さまでした。感謝、感謝!

 
同じカテゴリー(仕事)の記事画像
紀伊国屋札幌本店へ!
講演の旅 網走編(その2)
サイン会のあとは、ちょっぴりトーク!
北海道フードフェア in  ロイトン
「口癖の心理学」(柏艪舎刊)が完成!
3月3日はサイン会の日!
同じカテゴリー(仕事)の記事
 紀伊国屋札幌本店へ! (2012-06-07 17:00)
 講演の旅 網走編(その2) (2012-03-05 10:37)
 サイン会のあとは、ちょっぴりトーク! (2012-03-03 20:24)
 ラジオ&テレビ出演のお知らせ (2012-03-03 10:31)
 口癖の心理学   発売です! (2012-02-23 18:03)
 北海道フードフェア in  ロイトン (2012-02-23 09:28)

Posted by ryosengoku at 09:57│Comments(0)仕事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
講演の旅 網走編(その1)
    コメント(0)